「降圧剤」カテゴリーアーカイブ

降圧剤の副作用が気になる人に

降圧剤は、化学薬剤になるので大なり小なりの副作用は避けれない。その割合は、10%~15%程度の割合。副作用があるということをきちんと認識した上で降圧剤を賢く使うことが大切。
薬剤別に副作用を紹介。

1.利尿剤

(サイアザイド系利尿剤・非サイアザイド系利尿剤)

尿と一緒にナトリウムを排泄して血圧を下げる薬。体に必要なカリウムまで排泄する欠点がある。不整脈、下肢の麻痺、全身倦怠感、インスリンの分泌が悪くなって糖尿病が悪化するケースがある。尿路感染を起こしやすく、高尿酸血症や高脂血症が生じやすいなどの副作用がある。

(ループ利尿剤)

ループ利尿剤は、サイアザイド剤よりも強力な利尿剤で、副作用は、サイアザイド剤に酷似しており、低カリウム血症、高尿酸血症、高脂血症および高血糖などが生じやすくなる。

2.交感神経抑制剤

(β遮断剤)

心臓の抑制作用があり、除脈となったり、ぜんそくなどの症状が起きたり、末梢の血液循環が悪化し、手足が冷えやすくなる。

中枢作動剤

眠気や感口渇が生じる。男性では、インポテンツを、女性ではまれに乳汁分泌異常をきたす場合もあり。

(交感神経末端作動剤

鼻づまりが起こるほかウツ状態やパーキソン症候群を発症させる。少量使用がよい。

3.血管拡張剤

血管を拡張するために動悸、顔がほてる、頭痛といった症状がある。

4.カルシウム拮抗剤

血管拡張剤と同様の副作用があるほか、下肢のむくみや便秘を起こすことがある。

アンデジオテン変換酵素阻害剤

せきがでやすくなる。発疹や痒みが出る場合もある。

降圧剤を服用することで、様々な副作用が起きることがわかっている。医師は、患者さんがどの降圧剤を飲むかによってどんな症状が出てるのか事前に説明することができる。
事前に説明があるだけでも患者は、不安を抑制することができる。

降圧剤で血圧が下がってくると、倦怠感や脱力感、あるいは、元気がなくなったような自覚をもつ人が多い。ところがそうした感覚は1ヶ月ほどで自然に消えていく。

やはり降圧剤を飲んで、高血圧の症状などが消失して「調子がいい」と自覚できるものが体に合っているということになる。
主治医に相談しながら最適な降圧剤を処方してもらうのが最も重要。

副作用とは別に、降圧剤の不規則な服用によるトラブルも問題となっているので注意が必要。降圧剤には、それぞれ作用持続時間があり、各、薬剤によって1日何回服用するかが決められている。
医師は、薬の効果がどのくらいの強さでどのくらい持続するかを考慮して薬を処方しているため指示通りに服用しなければ意味がない。

医師の指示を守らずに、服用回数を減らす、薬剤数を減らすなどの自分勝手な服用をすると思いがけないトラブルを引き起こすケースもある。

医師も事前に薬の副作用を丁寧に説明することを怠らず、患者も素人判断で薬の服用方法や服用量をかえたりせずに、信頼関係を築くことが重要。
まずは、コミュニケーションをしっかりとることが大切である。

降圧剤の副作用については、かなり詳しいサイトがるのでこちらへ。

適切な降圧剤を飲むことが重要

血圧が高い患者さんが降圧剤を飲むようになるとまず心配になるのが、「薬の副作用」「飲み始めると一生やめられないのでは?」「長く服用していて大丈夫か?」といったこと。

降圧剤は、他の薬に比べて安全性の高い薬。多少の副作用はあるが、頻度の軽いものがほとんど。命にかかわるような副作用や重篤な内臓障害を起こす副作用はない。

かりに副作用がでても、その薬をやめれば、症状は落ち着く。降圧剤の副作用は、想像しているもの以上に軽微なもので心配いらなレベルである。

降圧剤の服用で高血圧をコントロールできるメリットのほうが大きい。高血圧を抑え、脳卒中や心臓病などの合併症を抑える効果を優先して考えた方が賢い。

薬を飲む人、飲まない人では、飲んだ人の方が脳卒中や心不全になる確立が少ないことが確認されている。

降圧剤の最大の特徴は、服用期間が長くなるということ。風邪薬であれば、短期間だけの服用だが、降圧剤は、長期間になるため薬の正しい知識をしっかり知っておくことが大切。

降圧剤は、大きく3種類に分類される。まずひとつめは、利尿剤、これは体内のナトリウムを尿と一緒に排出し、血圧を下げる。

ふたつめは、交感神経抑制剤。交感神経が興奮すると、心臓が強く収縮して脈が速くなり、血圧が上昇するため。
怒ったときや緊張した際に血圧が上がるのは、交感神経が悪さをしているため。したがって交感神経の働きを抑制抑制し、血圧を安定させるという作用です。

みっつめは、血管拡張剤。血圧は血管が収縮するせいで上がる仕組みのため血管を広げて血圧を下げる方法だ。
また、血管を広げると交感神経が緊張して脈が速くなったり、血管を収縮しようとする反応が起きるなど、問題を抱えていた。
ところが、最近では、カルシウム拮抗剤や変起案酵素阻害剤など新タイプの血管拡張剤ができ、注目を集めている。

これら3種類の降圧剤をいかにうまく使い分けるかということですが、以前は、ほとんどの患者さんに利尿剤を使い、その後、効かない場合は、交感神経抑制剤を使い、次に血管拡張剤を使うという段階的治療が原則だった。
比較的簡単で、専門外の医師でもできる方法だが、現在は、ひとりひとりの患者に合った処方が一般的になっている。

ひとつの薬が効くか効かないかの判断期間は、3~4週間とされている。そこで半年ほどかけて何種類かの薬を試していけば、必ず自分に合う薬が見つかる。
こうした試行錯誤の中で最適な薬が見つかる。

高血圧は長いつきあいになるので、主治医とのコミュニケーションを大切にし、主体性をもって自己管理していくことが望ましい。