「未分類」カテゴリーアーカイブ

高血圧を改善する漢方薬の本当の実力

中医学では、生命を支える大切な要素として「気」「血」「律液」の3つが挙げられる。「気」は、主に肉体の機能や働き、「血」は、血液をあらわしている。「律液」は、血液以外の体液のこと。

人間の健康は、これら「気(陽)」と「血・律液」(陰)のもとで初めて活性化され、全身を循環して五臓六腑に栄養を供給する。

この陰陽のバランスが整っていれば健康を保持できるが、陰陽のバランスが乱れてくると、体調不良、さらに病気になってしまう。

中医学では、体の五臓六腑のうち「肝」の陰陽バランスがくずれると、高血圧症になるとされている。「肝」の陰陽バランスが崩れて「肝陰」が不足してくると、相対的に「肝陽」が過剰になり、イライラしたり、起こりっぽくなったり、めまい、という症状がでてくる。これがいわゆる高血圧症の症状になる。
しかも「肝」は、精神状態と深く関係している器官でストレスが過剰にかかったりすると、さらに陰陽のバランスが乱れ症状が悪化する。

そこで、高血圧を改善するには、「肝陰」を補い「肝」の陰陽バランスを整えることが不可欠となる。

そもそも、「肝」の陰陽バランスの乱れや崩れは、「腎陰」の不足、「腎」の陰陽バランスの乱れが原因となっているから。
したがって高血圧を治療するためには、「腎」と「肝」両方の陰陽バランスを整えることが必要。

そのような効果のある薬としては、杞菊地黄丸(こぎくじおうがんが挙げられる。これは、六味地黄丸(ろくみじおうがん)に菊花、とくこを加えたものになる。
六味地黄丸(ろくみじおうがん)は、「腎陰」の不足を治す処方で、一方、菊花とくこは、「肝陰」の不足を改善する生薬。これを時間をかけて根気よく飲み続けることで、「腎」と「肝」両方の陰陽バランスの安定をはかる。

頭痛や、肩こり、目の充血など、高血圧に伴う諸症状を改善するためには、釣藤散(ちょうとうさん)、七物降下湯(しちもつこうかとう)などが有効。
イライラなどがひどい場合には、柴胡加龍骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぽつれいとう)または、抑肝散(よくかんさん)が効果的。

また、中高年の高血圧で特にイライラが原因で不眠になったりのぼせるような人には、知柏壮健丸 (ちぱくそうけんがん)も効果的。

中医学では、高血圧の原因は、その人の内部にあると考え、根本的な原因は、老化や慢性疾患、食生活の乱れからくる「腎陰」の不足としている。
動脈硬化の改善は、不可能だというが、腎陰のバランスを整えれば改善することが可能。硬くなった血管も若返り、軟らかくなると考える。

腎炎からくる高血圧に

高血圧は、最大血圧が160mm以上、最小血圧が95㎜以下と定義されているが、最大血圧は、正常値でコントロールできても、最小血圧は下がりにくいケースがある。
七物降下湯(しちもつこうかとう)は、虚弱体質で疲れやすく最小血圧の高い人、タンパク尿が出て腎硬化症の疑いのある人、腎炎による高血圧の人に効果がある。

血液の不足や滞りを治す七物湯に、黄耆(おうぎ)、釣藤(ちょうとう)、黄柏(おうぱく)を加えたものが七物降下湯。胃腸の弱い人には向かない漢方薬。胃に停滞しやすい生薬を使用しているため。
しかし、黄柏(おうぱく)を加えることで胃への停滞を防ぐことができる。

黄柏(おうぱく)には、消炎健胃作用と血管に収縮して充血を取り除く作用がある。また、釣藤(ちょうとう)は脳の血行を正常化し、水毒をとる働きをする。

七物降下湯(しちもつこうかとう)は、血行の循環を改善し、同時に体内の老廃物を排出して動脈硬化を防止し、血圧を下げる作用がある。

定期的に少しでも運動をすると血圧が安定する

血圧を下げる場合の対処方法として減塩以外に確認されているのが、運動。かなりひどい高血圧の場合には、運動も制限される場合があるが、基本的には適度の運動を続けることが血圧を安定させる。

手足の筋肉を運動によって使用すると、毛細血管が緊張し、末梢の血液循環がスムーズになることが血圧安定の理由。

繰り返しになるが、軽度の高血圧の場合に有効。最小血圧が100を越えているような場合には、運動療法は行わない。95以下の場合に有効となる。

運動も「毎日やらなければ!」というのは、ストレスになり、逆効果となるので、少ない時間でも1日に30分を週に2回。15分を2回など、計30分程度になるように行うといい。

具体的にどのような運動が適するのかというと、水泳や早足歩き、軽いなわとびなど。ほかには、テニス。テニスは、シングルの場合、ハードになってしまうため、ダブルスなどがよい。

やらされている感のものは、結局長く続くか亡いため、「楽しい」と感じるものを見つけられればそれが最適。運動を始めたら早く効果がでるようにと焦って運動量をあげるようなことはせずに、1日30分程度の運動を週に2回続けることで血圧が安定するまで待つことが大事。

運動を行ってみて動悸が息切れがするようだったらすぐに中止することも忘れずに。また、運動中に動悸や息切れがしなくても運動の後に疲れを感じるようであればこの場合も中止する。無理せずに出来る範囲で取り組むことが長続きする秘訣。運動選手でないのでストイックになりすぎるのもNG。
天気のいい日も悪い日も続けることができるルームランナーを購入すると継続できるのもいいでしょう。少しお高めのものを購入して「やる!」という決意を固めるのもひとつの手です。汗ばむ程度の運動量が心臓に負担をかけずに効果がでます。

血圧が高い人は、運動の直後に冷たいシャワーを浴びたり、熱いサウナなどに入るのも厳禁。

血圧が高い場合は、トイレに行く時には細心の注意を

今年は何度も寒波が来てとにかく寒いが、血圧が高い人は「寒さ」に注意しなければならない。寒い日にトイレで倒れてしまったという話はよく聞く。

トイレは高血圧の人にとっては、危険だらけ。トイレで危険なのは、まず「かがむ」という動作。和式トイレでしゃがむと下半身への血液の流れが悪くなり、これだけで体力のなくなったお年寄りには、かなりの負担が強いられる。

さらに、この姿勢でいきむと、頭部の血圧は急激に下がる。これが動脈硬化でもろくなった脳の血管が破れ、脳卒中の発作を起こすというわけだ。

排便の際にいきむのは、やむを得ないが、いきんだ際の負担を軽くするために、トイレに便座をとりつけ、洋式にすることをすすめる。
洋式トイレは、腰をかけた姿勢のため、下半身の血流の滞らず、いきんでも血圧の上がり方は、和式トイレほどではない。
ウォッシュレットをつけるのもオススメ!お尻を拭く際に無理な体勢になってしまう心配がなくなるため。無理な体勢は、血圧を上げる要因となる。

寒い朝などに、温かい部屋から急に温度の低いトイレに行くと、血管が収縮し、急激に上昇する。
また、排尿後、体がぶるっと震えることもあるが、これは尿を出したことによって体温が失われるため。これも血管を収縮させ、血圧を上昇させる原因となる。

トイレの中は、温かくし、ヒーターなどを設置することが望ましい。年をとると、排尿時と排泄するまでの時間がよけいにかかるようになる。トイレが寒いと、早くすませたいという気持ちと、なかなかすすまないという現実とがすれ違って、ストレスとなる場合もある。ゆっくりトイレができるような環境づくりも大切。

コレステロール不足は脳卒中の原因になる?

高血圧の食事療法でまず、取り組むのは、減塩ですが、コレステロールについては、どう考えたらいいのか?

高コレステロール血症が高血圧と合併すると、冠状動脈硬化の進行を助長し、心筋梗塞の発症を促すことが確認されている。

ところが、一方で高血圧の場合、血清コレステロール値が低いと、これもまた危険だ。動脈硬化には大きくわけて二つのタイプがある。

コレステロールを全て敬遠するのは、間違いだということだ。

まずひとつ目のタイプは、心臓の表面を走る冠状動脈の血管にコレステロールが沈着し、内腔を狭くしてしまう動脈硬化。

もうひとつは、コレステロールやたんぱく質の摂取量が不足したが原因で脳の細い動脈が硬くなり、もろく変性する動脈硬化。

コレステロールは、細胞膜をつくる材料になるので、不足すると血管壁の細胞膜が弱くなって、破れやすくなり脳出血などの原因となる。
日本は、このタイプが昔から多く、コレステロール不足が原因とされている。

現在でも、脳出血の多い地域の人達の血液を調べてみると、一般にタンパク濃度が低く、同時にコレステロール値も低いことが確認されている。

日本人は、もともとコレステロールを摂取しても血液中のコレステロール値が上昇しにくいDNAをもっている。

高血圧で、ただでさえ、血管が傷んでいるところへ新しい細胞膜の材料となるコレステロールの摂取が不足すれば、いつ脳出血が起きても不思議でないということになる。

血清コレステロールは、180~200mg/dlに保つのが理想。150mg/dl 以下で高血圧を合併しているのであれば、脳出血の危険性が高くなる。

逆に220mg/dlを越えるようであれば、心筋梗塞の危険がでてくる。コレステロールや脂肪の摂取量を少なくし、食物繊維などを豊富に摂取する習慣をつけたい。

便秘を解消すれば血圧は下がる

血圧を下げるのに特効薬となる「かぼちゃ」

冬至にかぼちゃを食べると長生きをする。というのは、昔からかぼちゃが健康にいいことを証明している。昔の人たちは、長年の経験からどうやって判断したのかも興味深いところ。

ちなみに冬至をウィキペディアでは次のように記載されている。
冬至(とうじ)は、二十四節気の第22。十一月中(旧暦11月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは冬至日(とうじび)と呼ぶ。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。
西洋占星術では、冬至を磨羯宮(やぎ座)の始まりとする。

かぼちゃには、血圧を下げる作用として定番の「カリウム」が豊富に含まれりる。カリウムは周知の通り、ナトリウムを吸着させて一緒に排泄する。
塩分をとりすぎてしまったような時は、カリウムの多い野菜や果物、芋類などを少し多めにとるとナトリウムが排泄され体に残らない。

さらにカリウムには、自律神経のうちの交感神経を調整したり、腎臓から分泌されるレニンやアンジオデンシンⅡなどの血圧を上げる物質の分泌や作用を抑制する働きがある。

かぼちゃは煮物などにすると一度にたくさんの量をとることもでき、その点でも優れている。

日本で栽培されているのは日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類。

日本かぼちゃは粘質でねっとりしていて、しょうゆとの相性がよく、日本料理に向く。40年ほど前までは市場の主流でしたが、食生活の洋風化とともに日本かぼちゃは姿を消し、現在はほとんどが、調理法の多い西洋かぼちゃ(別名栗かぼちゃ)になった。甘みが強く、粉質でほくほくした味わいが特徴。

ハロウィンで使われるかぼちゃがイメージ的に定着している。

お茶には血圧の上昇を抑える作用がある

最近は、お茶への健康効果が注目を集め、専門機関、研究所、大学などでさまざまな研究がすすめられている。その中のひとつとして血圧上昇を抑制する作用には高い注目が集まっている。

お茶から抽出したカテキンという成分を「高血圧自然発症ラット」に与える実験を行った。カテキンとは周知のとおり、お茶の渋み成分のこと。また、高血圧自然発症ラットというのは、ふつうに飼育しているだけで自然に高血圧を発症する遺伝的要素をもった実験用のねずみのこと。

実験では、まだ高血圧を発症していない赤い高血圧自然発症ラットを2つのグループにわけ、一方には、普通のエサを与え、もう一方にはカテキンを0.5%添加したえさを与えて飼育。
すると、両グループと比較して血圧上昇が抑制されることがわかった。

そこで次に両グループのエサを交換してみたところ、2週間で血圧の値が逆転してしまった。このことは、継続的にお茶を飲むことが血圧の上昇を抑制することを示している。

高血圧症の大部分を占める本能性高血圧症の原因は、未だに不明だが、レニン・アンジオテンシン系の物質が関与することは確認されている。

血液中には、アンジオテンシノーゲンという物質が含まれており、これには腎臓から分泌されるレニンという酵素が作用することで、アンジオテンシンⅠという物質が生じる。
さらにアンジオテンシンⅠもアンジオテンシンⅠ変換酵素(以下ACE)が作用することでアンジオテンシンⅡが生じる。アンジオテンシンⅡには、強力な血管収縮作用があり、この血管収縮作用のために高血圧症が発症する。

お茶のカテキンには、ACEのの副作用を阻害する働きがあることがわかっている。ACEの作用が阻害されると、血液中にアンジオテンシンⅡができにくくなり、その結果、血圧もあがりにくくなる。

緑茶のカテキンの作用で研究されているが、実際、烏龍茶など他のお茶にもカテキンは含まれ同様の作用があることが確認されている。
お茶を飲む時間をつくることでさらにゆったりした気分になれさらに血圧を下げる作用まであるといえば「お茶の時間」がとても大切な時間になる。