酢は天然の降圧剤

Pocket

酢が体にいいことは、もう周知のとおり。さらに、酢には血圧上昇を抑制する働きがある。最近では、酢の研究がすすめられ「なぜ?血圧上昇を抑制するのか」がわかってきた。

まず血圧はなぜ上昇するのか?という基本から。

血圧は、血管の中にアンジオテンシンⅡというペプチドがあると上昇する。ペプチドというのは、2個以上のアミノ酸が結合してできた化合物。

では、アンジオテンシンⅡがどうやって生成されるのかというと、アンジオテンシンⅠというペプチドがある酵素の働きによって変化しつくられる。
このときに働く酵素はアンジオテンシン変換酵素と呼ばれるもので、これは血管の内側の壁をつくっている内皮細胞というところで作られる。

ところが、高血圧の特効薬にカプトプリという薬があるが、この薬はアンジオテンシン変換酵素が活発に働くのを阻害することで、血圧の上昇を抑制する。
酢の中にはこのカプトプリルと似た働きをするペプチドが存在する。

酢がアンジオテンシン変換酵素の働きを抑制していることを明らかにするために、次のような実験を行った。

ネズミの肺から取り出して凍結乾燥させたアンジオテンシン変換酵素に黒酢を加えてこの酵素の働きがどのように変化するのかを調べてみた。
結果は、黒酢の濃度が1mlあたる62.5マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1g)までは、血圧を上げる働きを封じることはできなかったが、500マイクログラムでは、なんと38%まで封じられた。

この実験の結果から酢と血圧の関係を確かめるために、酢を飲ませたネズミと飲ませないネズミの血圧の変化を調べる実験を行った。

  1. 普通の水を自由に飲ませるグループ
  2. 飲料水にネズミの体重1kgあたり1gの黒酢のエキスを入れて自由に飲ませるタイプ
  3. 飲料水にネズミの体重1kgあたり0.25gの黒酢のエキスを入れて自由に飲ませるタイプ

の3つのグループに分けた。
ネズミの血圧を測定してみた。2日目と6日目に測定した。
①のネズミは開始日を100とすると2日目…104、6日目…101
②のネズミは開始日を100とすると2日目…91、6日目…91
③のネズミは開始日を100とすると2日目…91、6日目…86
という結果がでた。
酢の濃度が低い③のほうがより血圧が下がったのは、不思議だが、実験に使ったネズミの数がやや少なかったことも原因してばらつきがでてしまったようにも思う。
いずれにしても酢入りの水を飲んだネズミの血圧が下がったことは紛れもない事実だ。

この実験からわかるように酢には、直接血圧の上昇を抑える作用があるのだ。間接的に血圧を安定させる働きもあわせもっている。
脂肪の合成を抑制して、高血圧の大敵である肥満を防ぐ作用があり、利尿作用も確認されている。
尿がでれば、塩分(ナトリウム)が排泄されやすくなるため血圧を下げる作用が期待できる。

酢は血圧ばかりでなく体の不調を改善する作用に富んでいるのでスーパーなどでも酢のコーナーは品揃えが豊富です。しかし、なかなか質のいい酢は見つかりません。
鹿児島県霧島市福山町の老舗「坂元醸造」の豊かな風味と旨みの詰まった濃厚な黒酢。3年の年月をかけてじっくりと熟成させた、稀少なつぼ造り純米黒酢ですので安心して毎日摂るようにするのがおすすめです。

黒酢の効能、効果はこちらです。