朝、起きて血圧が高い人は夜の寝汗で脳梗塞の危険性大、就寝前にコップ半分の水が防ぐ

Pocket

脳卒中、心筋梗塞の危険性はなんと4倍

近年、健康診断や病医院で測った血圧は正常なのに、家庭や職場で測ると血圧の高い人が多く見られます。こうした高血圧を「隠れ高血圧(仮面高血圧ともいう)」といいます。

隠れ高血圧はどうしても本人が気づきにくく、放置されやすいことが危険性を高める大きな理由です。そのため、知らず知らずのうちに血圧の上昇が進み、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞といった命取りの病気を引き起こします。実際に、隠れ高血圧は、従来型の高血圧に比べて脳卒中や心筋梗塞を招く危険の大きいことが確かめられているのです。

こうしたことから、専門医の間でも、隠れ高血圧は今や最大の関心事になっています。

隠れ高血圧は、職場で血圧が上がる「職場高血圧」と、家庭で早朝や深夜に血圧が上がる「早朝高血圧」に大別できます。このうち、特に注意が必要なのは早朝高血圧です。

血圧をコントロールしている自律神経には、心身を活動的にする交感神経と、心身をリラックスさせる副交感神経があります。寝ているときには副交感神経が優位になるため、血圧が低くなりますが、昼間は交感神経が優位になっているため血圧が高くなります。

そして早朝は、体を活動的にするために、副交感神経から交感神経が優位の状態に切り替わり、誰でも血圧が上昇します。このような生理的な血圧の上昇に加え、早朝高血圧が起こっていると、血圧が異常に高くなって脳卒中や心筋梗塞を招く危険が格段に高まるのです。これは、脳卒中や心筋梗塞は朝の6~10時の間に多発することと無関係ではありません。

米国コロンビア大学が行った調査では、脳卒中や心筋梗塞を起こす確率は、正常血圧の人を1とした場合、高血圧の人は3倍、早朝高血圧の人は4倍にも上ると報告されています。

起き抜けに首や肩に疲れのある人は要注意

早朝高血圧の原因として、加齢や多量の飲酒、喫煙、ストレスなどがあげられます。これらのことが原因で血管に負担がかかると、血管内皮細胞に備わつている血圧を調節する働きが弱ってしまい、早朝の血圧上昇が著しくなってしまうのです。

朝の起き抜けに、首や肩に疲れがある人は、早朝高血圧の疑いがあります。

自分が早朝高血圧かどうかを確かめるためには、起床後の1時間以内、排尿をすませたあと、朝食をとる前に、家庭用血圧計で血圧を測ってください。1週間(週に5回以上) 血圧を測って記録し、最大血圧が135mmHG以上(正常は130mmmHG未満)、もしくは最小血圧が85mmHG(正常は85mmHG未満) 以上の、ことが2回以上あれば、早朝高圧が疑われます。記録した血圧の値を持参して病医院を受診し、医師に相談しましょう。

少量の水飲みの習慣が血液をさらさらに

ところで、早朝高血圧の人は、夏、特に脳梗塞に注意する必要があります。なぜなら、夏は就寝中に寝汗をかいて、体が水分不足になってしまうからです。

眠っている間にコップ1杯程度の汗をかくといわれています。それが、真夏の熱帯夜ともなると、大量の汗をかいてより多くの水分が失われてしまいます。そうして体の水分が失われると、血栓ができやすくなり、脳梗塞を起こす危険が一段と高くなるのです。

そうした事態を防ぐためには、夏は就寝前と起床時に、コップ半分(100CC)ずつの水を飲むことが有効です。心肥大や腎臓病のある人は、水分をとりすぎると、たちまちむくみが生じて、かえって血圧を上げてしまいます。必要以上の水を飲むのは逆効果なので、コップ半分を適量と考えてください。
桜島活泉水で血液さらさら | 健康&美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です