血圧が高くてもほとんどが放置してしまうが寿命を16年も縮めてしまう


ほとんどの人が高血圧を軽視している

こちらで紹介したように高血圧は全身にさまざまな合併症を引き起こす恐ろしい病気ですが、治療を受けずに放置している人が非常に多いのが実情です。

実際、推計四4000万人とされる高血圧の方のうち、治療を受けている人は、多く見ても3割程度です。つまり、7割の人は高血圧を放置しているのです。こうした人の中には、自分が高血圧であると気づいていない人もいることでしょう。

ところが、高血圧であることに気づいているにもかかわらず、なんの対策も請じていない人もかなりいるのです。

40代、50代の約4割、30代の7割近くの人が、自分が高血圧であると認識しながら、適切な治療を受けていないのです。

当然のことながら、高血圧の人は減塩や体重管理、運動、節酒、禁煙といった生活習慣の改善が必要になります。しかし、それすら行っていない人がこれだけいるのです。

このように、高血圧を放置してしまう背景には、高血圧の危険性に対する一般の人たちの認識の低さがあるようです。さまざまな生活習慣病に対して日本人がどのように感じているかを調べた「生活習慣病に関する世論調査」によると、高血圧に対して「非常に怖い病気だと思う」と答えた人は53% と約半数にとどまっています。ガンでは89% 、脳卒中では85% 、心筋梗塞では81%、糖尿病では71% であり、これらの病気と比べて、高血圧に対する危機意識はかなり低いことがわかります。

重症化するまで気づかない

こちらを読めば高血圧がどれだけ恐ろしい病気か、すぐにわかります。しかし、この病気のやっかいなところは、自覚症状がほとんどなく、知らぬまに病気が進行してしまうということです。

高血圧の症状には、頭痛、肩こり・のぼせ・息切れ・動悸・耳鳴り・発汗・めまいなどがありますが、こうした症状は高血圧以外の病気が原因で現れることも多く、高血圧による症状と気づきにくいのです。また、血圧が相当高いのに全く無症状の人もいます。そのため、長い間高血圧を放置してしまい、合併症による胸痛やむくみ、吐きけ、けいれんなどの症状が現れたころには、かなり重症の状態だった、ということも多いのです。

高血圧は、別名「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれています。正体を現すことなく、静かに体を蝕みながら、虎祝耽々と命をねらっているからです。そうとは知らずに高血圧を放置しっづけている人は、いつ命を奪われてもおかしくない状態にあるといえます。

血圧が高いと余命が3~4割も減少する

実際に、高血圧が寿命を縮めることを示すデータがあります。血圧と余命(ある年齢の人があと何年生きられるかを算定したもの) について米国・コロンビア大学のピッカリング教授が行った調査によると、高血圧の人の寿命は、そうでない人より短命です。特に若いうちから血圧が高い人ほど寿命は短くなる傾向です。

35歳の男性の余命は平均41.5年ですが、高血圧の人の場合は25年しかなく、16.5年も差があります。つまり、高血圧の人は、そうでない人より16.5年も余命が短く、4割も減少しているのです。

ほかの年齢を見ると、高血圧の人とそうでない人の余命の差は、45歳の場合では11.5年(4割減少)、55歳の場合では6年(3割減少) となり、高血圧が確実に短命にしているのです。

健康で長生きするためには、日ごろから血圧に気を配り、高血圧とわかつたら、いち早く治療を開始することです。

高血圧治療の二本柱は、生活習慣の改善と薬物療法です。一般に、軽症の高血圧で合併症を伴っていない場合には、まず高血圧の原因となる生活習慣の改善から始めます。重症の高血圧で合併症を伴う場合には、降圧薬を服用し、これと併せて生活習慣の改善が不可欠です。降圧薬についてはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です