むくみや頻尿のある高血圧にはスイカ糖でシトルリンを摂取する

Pocket

腎臓の衰えが高血圧を招く

普段から血圧が高く、併せて次のような症状を自覚している人は、腎臓の働きが低下していることが考えられます。

  • 疲労感や倦怠感がある
  • 体がむくむ
  • のどが異常に渇く
  • 頻尿または尿量が減少
  • 尿の泡立ちや色に異常がある

こういった症状がいくつかある場合には、腎臓の機能がかなり低下している恐れがあって、この状態を慢性腎臓病といいます。慢性腎臓病になると、ミネラルの調整が腎臓で上手くできなくなり、動脈硬化が進行して、高血圧だけでなく心筋梗塞や脳卒中が起こりやすくなります。

腎臓はそら豆に似た形の臓器で、腰の上あたりの背骨の左右にひとつずつあります。血液中の老廃物や、塩分、水分を濾過(ろか)して、尿として排出させるという、とても大切な働きをしているのですが、慢性腎臓病で濾過(ろか)機能が衰え、糸球体という尿をつくる器官の血圧が低下すると、血管の収縮が起こり高血圧になるのです。

シトルリンが血圧を降下させる

こうした腎臓の衰えを防いだり、改善するとして注目されている栄養成分が、アミノ酸の一種のシトルリンです。これはスイカから発見された成分で、ほかにもゴーヤーやキュウリ、メロンなどウリ科の植物に多く含まれています。シトルリンは私たちの体内でもつくられますが、生成量は加齢とともに減少していくので、不足分は食品から補う必要があるのです。

シトルリンには、腎臓の濾過機能を高め、血管をひろげる働きがあるので、血圧の上昇を抑えることに期待できます。また、体内に取りこまれたシトルリンはアルギニンというアミノ酸に変換され、血管壁では一酸化窒素が活発に生成されます。一酸化窒素にも、血管をひろげて血流を促す働きがあるので、シトルリンの摂取で血圧の降下に期待ができます。

さらに、シトルリンはアンモニアのような毒素を無害な尿素に変えてくれるので腎臓の負担が減り、これによって利尿作用が高まって、むくみや排尿障害が改善されると考えられています。

スイカには、シトルリンのほかにも、ビタミン類やミネラル、リコピンなど、血流を促進させて利尿効果を高める有効成分が豊富に含まれています。なかでもカリウムは利尿作用を促す成分の代表で、体内の余分な塩分を排出して血圧を下げるよう働きます。

シトルリンを摂取するならスイカ糖がおすすめ

シトルリンを補給するのに最適なのが「スイカ糖」です。スイカ糖とは、スイカの実のしぼり汁を煮詰めた半液体状のものです。夏が旬のスイカは手に入れやすいものですが、水分が多く、体を冷やす作用があるので、冷え症の人などは、生のままたくさん食べるのには向きません。また、カリウムを含んでいることもあるので、腎臓病の人、腎不全で人工透析治療をおこなっている人は摂取に注意してください。

スイカ糖のつくりかた

  1. 4分の1ほどに大きさのスイカを用意し、適当なサイズに切って、種を取り除きます。
  2. 実の赤い部分を、おろし金などですりおろします。
  3. ガーゼやふきんなどを使い、すりおろしたスイカをこします。
  4. しぼった汁を、鍋で20分ほど弱火で煮ます。焦げないように注意しましょう。

まとめて作るなど日持ちさせたい場合には、さらに茶色くドロドロするまで煮ましょう。冷めたら、ビンに詰めて冷蔵庫で保管します。冷蔵庫なら1週間くらいは日持ちします。このスイカ糖を、1日2回朝夕の食前に、小さじ2杯をコップ1杯のお湯に溶かして飲みます。

スイカ糖のほか、ゴーヤージュースでもシトルリンが摂れます。ゴーヤー3分の1本(1杯分)の種とワタを取り除き、ミキサーにかけたところに、オレンジジュース(100㎖)を加えると飲みやすくなります。ただ、味が苦手だという人や自分で作るのが面倒だという人は、シトルリンの栄養補助食品などを利用するのもよいでしょう。

シトルリンを含むスイカのプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です